top of page
検索
  • 執筆者の写真Takahiro Miyashita

学科成果展【Mu展】で成果発表



2月7日から武蔵野大学建築デザイン学科の成果展【Mu展】が始まり、銀座プロジェクトと富士吉田プロジェクトの成果物が出展されています。


銀座プロジェクトは、昨年11月に実施した社会実験の報告と、その結果を踏まえたさらなる空間デザインの提案をポスターと模型で表現しています。富士吉田プロジェクトは、現在の街が有している課題の提示と、来年度の活動につながるまちづくりのアイデアを同じくポスターと模型で表現しました。


今年から都市学研究体はメンバーが大幅に増え、2つのプロジェクトを並行して展開することになりました。大所帯ゆえに指導教員としてチーム運営やコミュニケーションの点で反省も多く、学生一人ひとりが都市という環境の面白さ、奥深さを体感できただろうかと振り返っているところです。


来年度は現メンバーの殆どが残り、さらに新たな仲間も加わることになっているため、また今年以上のワクワクを皆で共有したいと考えています。









閲覧数:20回0件のコメント

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page